FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャップとの想い出


2017年12月22日。お星さまになったチャップ。
写真を見ながら「こんなこともあったなぁ~」と想い出に浸りました。

いつからチャップはこんなに人気者になったのだろう。
ただの人懐こいノラちゃんだったのに、
いつの間にか院内にまで入り込み、
専用ベッドまで用意してもらうようになりました。
わざわざ会いに来てくださる方もいらっしゃったり、
オヤツやごはんまで頂くこともありました。
本当にたくさんの方に愛されました~

そんなチャップとの想い出をちょっとだけですが
みなさんと共有できれば~(^^)



この写真、貴重です!チャップが当院に来始めた時の写真です!
2006年。まだ初々しさまで見られます。
来始めたころ、おでこのところに皮膚病らしきものが見られ、
薬を飲ませました。週1回で全部で4回飲ませないといけない薬だったのですが
ちゃんと通ってくれたので、飲み切ることができました!お陰できれいに治りました★


ちょっと飛んで2009年の写真。
恐らく台風とか天気の悪いときなのでしょう。
病院の猫、愛子と相部屋でお泊りです。
この2匹、仲がいいわけではないのですがお互い事情が分かっている、という感じでしょうか~


2010年。最盛期でしょうかねぇ。
体も大きく怖いものなし!外で出会うとこんな風甘えてくれたんですよ。


同じく2010年。一緒にいる茶トラ×白の猫ちゃんは、こちらもノラちゃん。
「ちくわ」と呼んでいました。男の子。チャップが大好きでいつも跡をついてきてました。
ちくわは、チャップの姿が見えないと鳴いて呼んだり、探したりするくらいです。
舎弟という感じでしたね(笑)


こうやってくっついて寝ていることも(*^^*)
ちくわは、チャップが大好き!チャップはそんなちくわに悪い気はせず、という感じです。


このちくわくんは、チャップより先に旅立ちました。
今頃、天国でふたりは一緒にお昼寝していると思います。


2011年暑い季節。伸びてますね~よじれてますね~
歳をとるとこういう格好しなくなりました。
体もがっちり、毛ヅヤもよいですね。


2013年。専用のかごを買ってもらった頃かな。
この小さいカゴを気に入り、ずっと使っていました。
今、このカゴには、チャップの横でおいしいオヤツやごはんを入れています。
にしても、お尻がはみ出てますね(笑)


2014年。いつものカゴを愛用。今度は頭がはみ出しています。
頭、壁に押し当てて…
受付のこの場所もお気に入りでした。
人がたくさん通る、一番、騒がしい場所のように思いますが~。
来る方に触ってもらったり、時には驚かしたりして、楽しんでいたのかもしれませんね。


2015年。チャップは、心の広い男でした。
こんなものを被せても知らん顔。普通、嫌がりますよね(^^ゞ
諦めていたのかなぁ。
あまりにもいろんなことに動じないので寝ているので置物と間違えられたりしました。
また、起きてても目をつぶっていたりするので
「この子は目が見えないの?」と言われることも度々…


2016年。心の広さは、ほかの動物に対してもです。
チャップは、病院内で会う猫ちゃん、ワンちゃんには、とても寛容です。
外にいるときは、ほかの猫ちゃんを追っ払ったりしてましたが(・・;)
院内で乱暴にすることは決してありません。
スタッフの家の猫ちゃんと合わせてもこの通り。
「おい、若造。爪はこうやって研ぐんだぞ」と言っているようです。



2017年9月。受付にて。
2017年に入ってからでしょうか。だんだん、受付の内側で寝ることが増えました。
最終的には、もっと奥の薬局でよく寝ていまいた。
少し体がだるくなってきていたのかもしれません。
眠りが深くなっていて寝ている時間も増え「歳をとったなぁ」と思っていました。
夢を見ているのかピクピク動いたり、よだれを垂らして寝ていたり、口を半開きで寝ていたり( ´艸`)


起きていてもベロが出ていることだってあるんです。


今シーズン、寒くなってきてからは、ミルクが大好物に!
そう、牛乳です!普通はあまりあげませんよね。
食欲が落ちた時があって、試しにあげてみたら喜んでくれて&
下痢もしなかったのであげていました。
本当に大好きで日に3回は牛乳タイム。
ちゃんと「牛乳くれーーーー」と騒ぐくらいです。

↓寝ていたカゴの中から、そのまま起きて牛乳のおねだり。
ブランケットがついてきてますよー。


食器が床に置かれるのも待てないくらい、早くほしい!


しばらくは牛乳で生きていたというくらい、いっぱい飲みました。
お陰で体重も少し戻りました。
チャップが患っていた慢性腎不全は末期になってくると
本当に食欲がなくなってしまいます…
でも、チャップはギリギリまで何かしらを食べてくれました。
弱音を吐かず最後までチャップらしかった…。

チャップが病院に姿を見せるようになってから11年ほどが経過していました。
漠然ともっともっと一緒にいれると思っていたけど、いつの間にか11年も経っていました。
長かったようで、短かった11年。

チャップ、たくさんの想い出をありがとう!
あなたと過ごした時間は、楽しかったし幸せだった。
いつまでも忘れないよ…ずっとずっと大好き!
本当にありがとね






←弁天の森どうぶつ病院ホームページはこちら
プロフィール

chap

Author:chap
埼玉県ふじみ野市にある
弁天の森どうぶつ病院。
そこによく訪れるヒゲ猫「チャップ」による気まぐれなブログです!

病院のホームページはこちら
弁天の森どうぶつ病院

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。